テイルズ オブ ジ アビス バグ情報
スポンサード リンク
PR


100種類以上のオンラインゲームが無料で遊べる!
バグやおかしい点、その他些細なこと
■名前のミス
ザレッホ火山で第7譜石のスコアを読んで、イオンが逝く直前にイオンのセリフがおかしい
ルークが「しっかりしろ!」の後、イオンが喋ってもイオンではなく全てルークが喋っていることになる。
また、ティアが手を差し伸べた後 「言ったでしょう。一つだけ〜」
を言っているのがイオンなのにティアになっている。
次に、「……いいんです。ほら〜」
が、ルークになっている。
また、「今まで……ありがとう……。僕の一番〜」
これを喋っている人物の名前がイオンではなくアニスになっている。
要するにイオンの前に喋ったキャラの名前が、次にイオンが喋るときの名前になっているという不具合。


■レイズデッド
ティアがミスティシンボル、ADスキル「スピードスペル」を装備してレイズデッドを使うと対象が生き返った後もう一度続けてレイズデッドを使う場合がある。
要は詠唱が早すぎてまだ死んでいると認知しているからだと思われる。


■ゲーム進行不可
フリングスとセシルの恋のサブイベントは、時期によってはゲームがそれ以上進められないという致命的なバグがある。
平和条約締結前、ケセド二アのアスターに出会った後、エンゲーブのセシル達に会うとはまるので注意が必要。


■コスチュームが一瞬戻る
シェリダンで「振動周波数の測定器」を取りに行く直前にタマラたちに話し掛けると、コスチューム変更称号を付けている場合デフォルトに戻される。


■いないはずのナタリアが出てくる
ネビリムの触媒イベントで、ケテルブルクのネフリーから話を聞いたところまで勧めている場合、
アブソーブゲートクリア後にセントビナーでジェイドと合流し、グランコクマでピオニーと謁見した後にピオニーの私室でネビリム触媒イベントを起こすと、いないはずのアニスとナタリアが出てくる。


■回想シーン
回想シーンではなぜか現在付けているコスチュームを着ていることになる。
例えばイオンが第七譜石を詠んでいる時、ルークはタオラーを付けていたはずが回想シーンではアビスマンを付けていることになる。
ルーク以外のキャラも同様。「アクゼリュスのこと謝って済むくらいなら〜」の回想シーンのとき、側にいるティアも現在のコスチュームで登場。


■マップ自由移動の荒技(情報提供のものをそのままペーストしています)
『ディスク抜き(フィールドでディスクを抜いたままディスク挿入部分を閉じる)とフィールドに存在するすべての探索ポイントが見れます!海も走れるし山も走れるようになるからです。
しかもストーリー上まだいけない場所(街やダンジョンですが入る際にはディスクを再び挿入しなければいけない)にも行くことが可能です。だけどダンジョン等の場所がわかっていないと発見が難しいです。マップは見れます。

注意する点は「アイテムからマップを見た場合はディスクをいちいち入れないといけない」と「むやみやたらにいろんな場所でセーブをせず、一度ディスクを入れてセーブしても大丈夫な場所でセーブをする」

ちなみにディスクを入れると再び普通に物語を進めれます!ただし海上や山の間等でディスクを入れるとハマってしまいディスク抜きをしても「ハマり」から抜け出せなくなる場合もあります・・・
そのはまった状態でセーブするとストーリー自体を最初からやり直さなくてはいけません。
ストーリー上まだいけない場所にいってもまったく問題ありません。街によっては話せない人もいますが再びディスク抜きをしてストーリーを進めた場所まで戻り、進めていき、その町にいけるようになったら話せるようになっています』
(確認済み初回ディスクのバグ荒技です。自分は普通に大丈夫でしたが、すべてのディスクがこのバグ技使用後、ストーリーをシナリオ通りに勧めれるかは分からないので自己責任で。ちなみに今までやった人に聞いてみたが失敗したといっている人はいませんでした)


■フローリアンが2人New
ダアトでフローリアンとかくれんぼのサブイベントを起こし、フローリアンが隠れていた場所へ行くと既に見つけてイベントは終了しているはずなのにフローリアンがいる。
話し掛けると向きが変わるだけになる。性格にはビクッ(笑)としている感じ


■ユリアシティのキャラクターディスクNew
ユリアシティのテオドーロの部屋の奥にあるキャラクターディスクにルークのタクティカルリーダーとティアのモンコレレディが追加されない。
新作ゲームソフト